MENU

雲のやすらぎ|耐久性を上げる2つのポイント!口コミの真相は?

雲の安らぎ

「雲のやすらぎ」という布団を知っていますか?体全体の圧力を分散させることで、体に負担をかけない作りになっています。
眠っている時に布団がしっかりと体を支えられていないと、体の一部に負担がかかってしまいます。これにより、腰痛や肩こりを起こすことがあり、骨盤や背骨の歪みにも繋がります。これらの症状が起こらないように作られたのが、雲のやすらぎなのです。

 

雲のやすらぎを購入しようか検討している人は、その耐久性(寿命)が気になっているでしょう。5層構造でふわふわに作られている商品なので、数か月使用したところで潰れてしまわないかなど、耐久性(寿命)が気になります。

 

そこで、雲のやすらぎを長く使用するための方法を調べてみました。

 

雲のやすらぎは、しっかりとメンテナンスを行うことで長く使い続けることが出来ます。まず、頻繁に風に当てるようにして水分を溜めないように気を付けましょう。天気の良い日に、窓際に立てかけておくと良いかもしれません。また、2週間に1度は布団の上下を入れ替えるようにします。表裏を変えるのも良いかもしれません。まんべんなく布団を使用することで、布団の一部がへこんでしまうことを防ぎます。
布団の耐久性(寿命)を上げるためには、意識してメンテナンスをするようにしましょう。

 

 

 

>>大人気!雲のやすらぎ公式サイトはこちらです

 

 

 

「雲のやすらぎ」の評判の真相を知りたい!

 

睡眠時の体の負担を軽減してくれる「雲のやすらぎ」は、体の痛みを抑えることが出来ると評判です。ですが、雲のやすらぎは通販サイトのみでの販売のため、実際に手にして見ることが出来ません。どのぐらい効果があるのか不安な人は、その評判の真相を口コミサイトで調べてみると良いでしょう。

 

雲のやすらぎの口コミを検索すると、実際に使用した人のリアルな感想を知ることが出来ます。これらの感想から、評判の真相を確かめてみると良さそうですね。
口コミのほとんどは、体の痛みを軽減する効果があったという書き込みのようですが、中にはなかなか効果を実感出来ないという人もいました。使用し始めて1日目は、雲のやすらぎの柔らかさが、逆に眠りにくく感じたという口コミを見つけました。本当に効果があるのか半信半疑で使用を続けていたところ、朝起きた時の体の痛みが軽減したそうです。使用している本人も知らず知らずのうちに、雲のやすらぎが体圧分散効果を発揮していたのでしょう。

 

この他にも、雲のやすらぎに関する口コミは沢山投稿されています。口コミを検索することでその評判の真相を確認出来ますので、自分の目で確かめてみると良いでしょう。通販での買い物なので、失敗しないように注意して購入したいですね。

 

 


雲のやすらぎにはデメリットがある?

「雲のやすらぎ」は、腰痛など体の痛み対策に効果があると評判ですが、メリットばかりではありません。デメリットもいくつかありますので、デメリットを知った上で購入を考えてみると良いでしょう。

 

雲のやすらぎは体圧を分散させる構造で作られています。体圧分散効果は、二つ折りや三つ折りの布団だと、効果が薄れてしまうそうです。雲のやすらぎは一体式の布団ですので、体圧分散効果は高いと思われます。体の痛みを軽減することが出来るというのは、確かなようです。ですが、布団を折ることが出来ないため、押し入れにしまうことが困難です。毎日布団を出し入れしている人にとっては、布団を片付ける作業が大変になってしまうでしょう。ベッドに敷いたままにしている人は大丈夫だと思います。

 

また、定期的に布団のメンテナンスをすることが必要です。天気が良い時には布団を干すように心掛けることと、2週間に1回は布団の上下を入れ替えましょう。ずっと同じ向きのままで使用していると、布団の劣化が早くなってしまうようです。面倒に感じるかもしれませんが、雲のやすらぎを長く使い続けるためにメンテナンスをしましょう。

 

雲のやすらぎは、使用する人によってはデメリットに感じられることもいくつかあるでしょう。どのように使用していくかを考えて、購入を検討しましょう。

 

雲のやすらぎは市販で購入出来るの?

 

新しいマットレスの購入を考えている人は、店舗で市販で売られている商品のみでなく通販サイトでも探してみると良いでしょう。市販のマットレスにも良いものはありますが、通販のみで購入出来る評判の高いマットレスもあります。

 

「雲のやすらぎ」は、朝起きた時に体に痛みを感じる人には特におすすめです。雲のやすらぎの特徴は、体圧を拡散させる構造です。一般的な布団で寝ている時には、体の一部に強い負担がかかってしまうことがあります。さらに、寝返りを打って横向きの状態で寝ることで、骨盤や背骨にゆがみを引き起こしてしまうこともあります。雲のやすらぎは、寝ている体をしっかりと支えてくれるので、朝起きた時の体の痛みを軽減することが出来ます。

 

雲のやすらぎは、市販で販売している店舗はありません。通販サイトでのみ購入出来るマットレスですので、ぜひチェックしてみてください。市販の店舗ではマットレスを直接触ってみることも出来ますが、通販だと直接目で見ることが出来ないので不安な人もいるでしょう。そのような時には、口コミサイトを見てみることをおすすめします。実際に使用した人の感想を読むことが出来るので、口コミを見ながら購入を考えてみても良いでしょう。
新しい商品を購入する際には、市販のものだけでなく通販も見てみることをおすすめします。

 

 

 

↓雲のやすらぎ公式サイトはこちら↓
雲のやすらぎ

 

 

腰痛の原因は生活習慣と筋力不足?

腰痛の原因は大きく分けて2種類考えられます。
ひとつは運動不足による筋力低下です。
腰周りの筋力が低下していると腰痛になってしまうのですが、元々運動不足だった人がただ筋トレをするだけでは反対に腰を痛める原因にもなります。
特に反動をつけて起き上がるような腹筋では体を痛めてしまうだけで、筋肉を鍛えることは出来ません。
間違った筋トレをすることには意味がありませんので、腰痛を予防するためには正しい筋トレをする必要があります。
一度腰痛になってしまうとそこから筋トレをするのは難しいですので、腰痛になってしまう前に軽い運動をして筋力が低下しないようにすることも大切です。
背筋を伸ばして体幹を意識してただ立つだけでも筋トレになります。

 

腰痛は筋力不足だけではなく、日頃の生活習慣も原因になります。
デスクワークの時などに正しい座り方をしていないと、腰痛の原因になります。
イスに座る時には深くに腰をかけて、骨盤が立っている状態にします。お尻の位置をずらして背中を丸めるような座り方をしていると骨盤が歪んで腰痛を引き起こしてしまいます。
座っているだけなのに腰痛に悩まされるということは、その座り方に問題があると考えられます。
背もたれを使って座ると楽ではありますが、正しい座り方が出来なくなってしまいます。
座っていても、腰から上は天井からひっぱられているような気持ちで座ると姿勢良く座れます。

 

骨盤が広がったり歪んでいると腰に負担がかかってしまうため、座らずに立っている状態でも腰痛を引き起こします。
猫背は勿論なのですが、反対に反り身になりすぎることも腰痛の原因になるのです。
ですから立っていても座っていても、腰痛を防ぐためには骨盤を意識することを忘れてはいけません。

 

 

肩こりの原因と血流改善とは?

 

肩こりの原因は、同じ体制で長時間いること、重たいものを持って肩に負担をかけすぎることです。肩を動かさずに、手先だけを動かすのはとても楽です。しかし、長時間続けていると肩が固まってきたようにかたくなり、肩が痛くなります。

 

例えば、長時間パソコンをしているとき、長距離の運転をしているとき、重たい荷物を持って移動するとき、赤ちゃんをおんぶして家事をしているときなどです。途中で息抜きをして、肩を動かすようにすると、肩こりが緩和されます。

 

パソコンをするときには1時間に一度休憩を入れる、運転をするときには交代をしたり、休憩して車から出る、重たい荷物は右と左を交互に持ち替える、赤ちゃんのおんぶは寝たら降ろす、抱っこにするなどです。少し気を付けることで、肩こりが解消できます。

 

しかし、同じ体制でいることはメリットがあるからです。仕事が早く進んだり、運転のスピードが乗っていたり、利き手で持ちやすかったり、機嫌が良かったりします。肩こりと休憩のどちらかを選ぶかで、肩こりを選ぶことも多いです。
肩こりは、血流が悪くなっているために起こります。肩や首にあるツボを刺激することで、血流が良くなり肩こりが楽になります。

 

ツボは、首の骨を中心に左右にたくさんあります。指で押してみて、気持ちがいい箇所がその時に合った肩こりのツボです。指の腹で深く押して、グリグリ回します。気持ちがいい程度に力を加えます。コツは、深く押すことです。もみほぐすよりも、奥深くの血流に働きかけます。

 

かたくなった筋肉がほぐれてくるので肩こりが楽になります。
肩こり解消の体操もあります。両腕を開き、肩の高さにあげます。5本の指は開いたままで肩をぐるぐる回します。腕は下さず、まっすぐに伸ばします。前に回したり、後ろに回したりと繰り返します。座ってできるので、高齢者の方にもおすすめです。

 

会話や笑うことが大切?

 

ストレスは健康に影響することは知られています。

 

特にお年寄りは、体が思うように動かなくなってきたりしてストレスを感じています。その時に周りの人に話せる環境にあるとストレスを軽減できます。話すことでストレスを発散できます。病院に入院していたり老人ホームに入居していたりして家族と一緒に住んでいない人や、周りに気軽に話せる人がいないと孤独感を感じやすくなって弱っていく人が多いです。家族のお見舞いに行った時に、一人で過ごしている人は覇気がなく表情も沈んでいるように見えました。ちょっとした言葉をかけてあげたり、話をよく聞いてあげるとどんな人でも喜ぶと思います。

 

 

他にもよく笑うように意識している人はいつまでたっても若々しく、元気です。楽しい番組を観たり、いろいろな人と交友を持つことで笑う機会が増えます。笑うだけで気分が晴れやかになります。交流館などではお年寄りの人たちが交流を持てるよう企画があったりします。そういう所に積極的に参加している人はとても元気です。

 

 

女性であれば、おしゃれをするだけで笑顔になったり、前向きになる人も多いと聞きます。お年寄りだから、と考えずいつまでもおしゃれであるために口紅やマニキュアを塗ってあげたりするだけでも笑顔になれる手助けができるのではないかと感じます。
お年寄りの健康というと、食べ物とか運動とか様々な物が大切でよく取り上げられますが、何歳になってもいろいろな人と交友を持つことや笑ったりすることは大切です。